学生をターゲットにしたマルチまがい商法被害 - つきのみや法律事務所|埼玉県さいたま市の弁護士

つきのみや法律事務所|埼玉県さいたま市の弁護士

学生をターゲットにしたマルチまがい商法被害

2012年10月16日 20:05|つきのみや法律事務所|記事URLコメント(0)トラックバック(0)

近年、20歳になったばかりの大学生をターゲットにした、「投資セミナー」「経済セミナー」などの名目で講座に勧誘し、受講料を支払わせたり、DVDを購入させたりという被害が急増しています。 

また、中には、友人を勧誘すればお金をもらえるという、マルチのような勧誘が行われたりもしています。 

一度に数十万円をいう金額を支払わせるのですが、お金がない学生には、「すぐに借りた分くらいは取り返せるから大丈夫」と言って、学生ローンで借金をさせたりといった被害も報告されています。 

 

埼玉県内の大学でも相当件数の被害相談が寄せられており、今後も注意が必要です。 

 

(関連ニュース) 

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121015/k10015738521000.html

 

トラックバック

URL : http://www.tsukinomiya-law.jp/mt/mt-tb.cgi/1184

ページ上部へ