送りつけ商法業者に対する業務停止処分 - つきのみや法律事務所|埼玉県さいたま市の弁護士

つきのみや法律事務所|埼玉県さいたま市の弁護士

送りつけ商法業者に対する業務停止処分

2013年8月29日 09:24|つきのみや法律事務所|記事URLコメント(0)トラックバック(0)

平成25年8月27日,消費者庁が,高齢者などに対して頼んだ覚えのない健康食品について,「注文していない」と断っているにもかかわらず再勧誘を行ったり、威圧的な口調で購入を強要したりしたとして,健康食品販売会社3社に対して,それぞれ3~6ヶ月の業務停止処分を行いました。 

 送りつけ商法は,以前から,健康食品だけでなく,エビ・カニや鮭などの生鮮食品を送りつけ,強引に支払いをさせるということで問題視されてきました。
 被害金額が比較的少額なことが多く、泣き寝入りしてしまっている被害者も多いのですが,悪質な業者をのさばらせないためにも,被害の声をきちんとあげていくことが必要です。
 今回の業務停止処分は,被害者の声が届いた結果だと思います。


(関連記事)

 
 http://www.caa.go.jp/trade/pdf/130827kouhyou_1.pdf

  
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20130523_1.html

ページ上部へ