上田裕弁護士が担当した事件が判例雑誌に掲載されました。 - つきのみや法律事務所|埼玉県さいたま市の弁護士

つきのみや法律事務所|埼玉県さいたま市の弁護士

上田裕弁護士が担当した事件が判例雑誌に掲載されました。

2013年10月10日 16:05|つきのみや法律事務所|記事URLコメント(0)トラックバック(0)

当事務所の上田裕弁護士が担当した事件が判例雑誌(判例時報2191号135頁)に掲載されました。

判例雑誌には、先例的価値のあるもの、重要な判断が出されているものが掲載されます。今回の掲載も、獲得した裁判例に先例的な価値を認められ、掲載に至りました。
当事務所は、過去に例のない分野であっても積極的に開拓していく努力をしております。

掲載された事案は、家政婦さんが家政婦紹介所に対して未払残業代を請求した事件です。本来、家政婦さんは紹介所から紹介された個人・施設と契約を結ぶため、紹介所に対して残業代を請求することはできません。また、家政婦さんの仕事内容は家事労働が中心であるため、労働基準法が適用にならない例も多いのです。
しかし、本件は、家政婦紹介所が実質的に家政婦さんの労務を管理していた事情があり、仕事の内容も大半が介護労働であったことが評価され、紹介所に対する残業代請求が認められました。

ページ上部へ