婚姻費用の請求 - つきのみや法律事務所|埼玉県さいたま市の弁護士

つきのみや法律事務所|埼玉県さいたま市の弁護士

婚姻費用の請求

2014年7月 4日 16:29|つきのみや法律事務所|記事URLコメント(0)トラックバック(0)

 離婚事件などで問題となりうるのが「婚姻費用」略して「婚費(こんぴ)」と呼ばれる問題です。

例えば,すでに夫婦が別居している場合,収入のない妻(又は夫)が,収入のある相手方に対し,離婚するまでの間,婚姻費用の分担を求めることができます。
これは,夫婦は相互に扶助義務があり,相手方に対し,生活保持義務を負っていると考えられているためです。

では,いくら請求できるのでしょうか?
家庭裁判所においては,概ね一定の「算定表」に従い,夫婦の収入,子供の年齢・数に応じて決められます。

ただ,ご注意いただきたいことがあります。
婚姻費用は,家庭裁判所に婚姻費用分担の調停・審判を申し立てた後の分からの請求が認められるというのが実務上の取扱いとなっており,原則として過去の婚姻費用は請求できないとされています(例外的に,財産分与における一事情として考慮されることもあります)。

ページ上部へ