肉離れと施術 - つきのみや法律事務所|埼玉県さいたま市の弁護士

つきのみや法律事務所|埼玉県さいたま市の弁護士

肉離れと施術

2018年7月17日 13:15|つきのみや法律事務所|記事URLコメント(0)トラックバック(0)

 先日,小学校のPTAのソフトボール大会に選手として参加してきました。
2年前にも参加して,右手中指を骨折した因縁の大会です。
今回もまたやってしまいました。左足ふくらはぎの肉離れです。

コーチ(?)をさせていただいている少年野球団の選手たちの盛大な応援歌の中,何とか二塁打を打ったのですが,二塁から三塁に向かう際に,「ブチッ」と,左ふくらはぎに電気が走り,左足を地面に着くこともできなくなりました。
肉離れになったのは,私の人生において初めてであり,こんなに痛いものなのかと思いました。

嫁さんに車で病院(整形外科)に連れて行ってもらい,医者からは,「肉離れ」と診断され,松葉づえを使うように言われました。
病院の先生によると,「安静にしてください。多分,何週間もかかるから。」とのことでした。

自宅に戻り,「肉離れ 治療法」で検索してみたところ,ある整骨院で,非常に短期間に治ったという記事を見つけました。早速,そこに書かれている療法を試してみました。具体的には,痛くない程度に患部を使ったり,患部をゆらゆら揺らしてみるという療法です。
すると,肉離れの翌々日には足を引きずりながら何とか裁判所まで歩いていくことができ,1週間後には,ほぼ普通に歩くことができる状態にまで回復しました。

交通事故の訴訟では,整骨院の柔道整復師による施術費は「医師の同意ないし指示がない場合には事故との因果関係が認められない」という主張が保険会社側から出されることがあり,それに従った判断をする裁判官がいるようです。
しかし,今回,実際に柔道整復師の施術を受けたわけではありませんが,整骨院のサイトに書かれている療法を試したところ,かなりの効果を実感できました。あらためて東洋医学,整骨院の施術は侮れないな,と実感した次第です。

※ なお,本件記事に記載されている療法による効果については,個人差があると思われます。ご了承ください。

(弁護士 若狹 美道)

検索

2018年8月

カテゴリ

最近のブログ記事

事務所案内

RSS

bnr

ページ上部へ