全国証券問題研究会(東京大会) - つきのみや法律事務所|埼玉県さいたま市の弁護士

つきのみや法律事務所|埼玉県さいたま市の弁護士

全国証券問題研究会(東京大会)

2019年9月17日 15:32|つきのみや法律事務所|記事URLコメント(0)トラックバック(0)

 令和元年9月14日(土)に,東京・主婦会館プラザエフにおいて全国証券問題研究会が開催され,参加してきました。
 今回の研究会においては,入門講座として大阪の今井孝直先生より「基本書証の確認」と題する講義が行われました。各事件類型ごとに重要書証が紹介され,非常に有意義でした。
 また,基調講演として,東京大学大学院法学政治学研究科の神作裕之教授により「金融商品の勧誘・販売ルール-説明義務・適合性の原則を中心に-」と題する講演が行われ,続いて,「過当取引事案の事件処理について」と題するパネルディスカッションが行われました。コーディネーターは東京の桜井健夫先生,パネラーは,愛知の正木健司先生,東京の清水芙美代先生,姫路の安田孝弘先生でした。
 さらに,愛知の小森義徳先生より和解報告がなされ,大阪の三木俊博先生より起訴前証拠保全での文書送付嘱託に関する報告がなされました。
いずれの内容も非常に有意義な内容であり,大変勉強になりました。今後も全国証券問題研究会に参加し,事件処理に生かしていき,良い成果をあげていくよう努力していく所存です。

 (弁護士 若狹美道)

ページ上部へ