勉強会・交流会 - つきのみや法律事務所|埼玉県さいたま市の弁護士

つきのみや法律事務所|埼玉県さいたま市の弁護士

勉強会・交流会

つきのみや勉強会(隣接士業合同勉強会)を開催しました

2019年10月 9日 13:08|つきのみや法律事務所|記事URLコメント(0)トラックバック(0)

 2019年10月3日(木)に、当事務所主催の勉強会を開催しました。この勉強会には、隣接士業である税理士、司法書士、社会保険労務士の先生方にご参加いただいております。

 今回は、「出産育児に関連する労働社会保険手続きおよび労働問題について」をテーマとして、社会保険労務士の髙林純先生にご講義いただきました。

 労働者が出産育児を迎える場合、労働法上の規制のある産前産後休業や時短勤務等のほかに、出産育児一時金、育児休業給付金、保険料減免等の様々な社会保険手続が必要となります。
 社会保険は、弁護士は手薄になりがちな分野ですので、髙林先生の講義を受けて、大変勉強になりました。

 また、出産育児をめぐってのトラブル事例についても検討して、活発な意見交換がなされました。それぞれ異なる士業の視点からの意見交換は、とても貴重であり、我々弁護士が事件の対応に当たる際にも、大変参考になります。

 今後も隣接士業の先生方と定期的に勉強会を開催し、研鑽を積むことで、より質の高いリーガルサービスが提供できるよう精進していきたいと思います。

(弁護士 上田 裕)

つきのみや勉強会(隣接士業勉強会)を開催しました。

2019年3月20日 15:02|つきのみや法律事務所|記事URLコメント(0)トラックバック(0)

2019年3月18日(月)に、当事務所主催の勉強会を開催しました。この勉強会には、隣接士業である税理士、司法書士、社会保険労務士の先生方にご参加いただいております。

 今回の勉強会では、「働き方改革(労働時間の上限規制、有給休暇)」をテーマとして、当事務所の上田が講義を行いました。

 昨年可決成立した働き方改革一括法。早いものは、本年の4月1日から施行になります。特に労働基準法の改正(労働時間の上限規制、使用者の年次有給休暇の時季指定義務)については、違反行為は刑事罰がありますので、改正の内容を正確に把握しておくことは大切なことです。

 勉強会においては、改正の概要をご説明した後、これからの対応を見据え、活発な意見交換がなされました。

 今後も隣接士業の先生方と定期的に勉強会を開催し、研鑽を積むことで、より質の高いリーガルサービスが提供できるよう精進していきたいと思います。

(弁護士 上田 裕)

つきのみや勉強会(隣接士業勉強会)を開催しました。

2018年12月26日 18:04|つきのみや法律事務所|記事URLコメント(0)トラックバック(0)

2018年12月11日(火)に,当事務所主催の勉強会を開催しました。勉強会には,隣接士業である税理士,司法書士,社会保険労務士の先生方にご参加いただきました。 

 今回の勉強会では,「労働者のハラスメントに対する使用者の責任」「労働者に対する損害賠償請求」をテーマとして,当事務所の井原弁護士が講義を行いました。

 ハラスメントについては,定義が難しく,どのような場合に不法行為となるのかが一義的分かりにくいという問題があります。しかしながら,使用者が労働者からのハラスメント被害の訴えについての対応を誤ると,大きな法的責任を負う可能性があります。
 最近では,パワハラ・セクハラを許されない行為であるという立法化の議論も進んでいますので,その辺りの情勢についても確認することができました。
 また,使用者から労働者への賠償請求については,報償責任の考え方から,許される場合は限定的であること,許されたとしても,損害の分担については,リスクを予想し,回避できる使用者に多くの分担が求められることを解説し,労務管理に活かすことが大切であることを共有しました。

 勉強会においては,実際の裁判例等を基にしながら,様々なケースについての検討がなされ,参加者の間でも活発な意見交換がなされました。

 今後も隣接士業の先生方と定期的に勉強会を開催し,研鑽を積むことで,より質の高いリーガルサービスが提供できるよう精進していきたいと思います。

(弁護士 上田 裕)
 

士業交流会に参加しました。

2018年12月10日 15:39|つきのみや法律事務所|記事URLコメント(0)トラックバック(0)

 2018年10月11日(木)に、士業交流会が開催され、当事務所からは井原淳弁護士と上田が出席しました。
 交流会には、県内の税理士、司法書士、社会保険労務士、不動産鑑定士、中小企業診断士等の先生方が参加されており、有意義な意見交換を行うことができました。 

 弁護士の取り扱う業務は多岐にわたりますが、税金、不動産、労務の問題が絡むことも多いです。
 相続案件では、相続税の発生の有無、税額、節税のための制度の確認をきちんとしておかないと、真に良い解決とは言えません。
 不動産案件では、きちんと登記に反映できない解決では意味がありません。
 会社労務では、適切な労務管理を実現していただくために就業規則を作成したり、有効に助成金を活用する等のサポートも必要だと思われます。
 このように、隣接士業の先生の協力をいただきながら事件の解決を図っていくことが、依頼者の方のよりよい解決に繋がっていくのです。

 当事務所では、総合的なサポートをご提供よう、多くの隣接士業の先生方と連携できる関係を築いております。
(弁護士 上田 裕)

つきのみや勉強会-隣接士業勉強会-

2018年10月 5日 14:44|つきのみや法律事務所|記事URLコメント(0)トラックバック(0)

2018年8月23日(木)に,税理士,司法書士,社会労務士の先生方と勉強会を開催しました。

 

 今回の勉強会においては,「移動時間は労働時間なのか・・・?」をテーマとして,当事務所の栁川弁護士が講義を行いました。

 労働時間とは,労働者が使用者の指揮命令下に置かれている時間をいいますが,労働時間に該当するか否かの判断は,事案毎の様々な事情を考慮してなされるため,労働時間に該当するといえるのか非常に微妙なケースも想定されます。

 本勉強会においては,実際の裁判例等を基にしながら,様々なケースについての検討がなされ,参加者の間でも活発な意見交換がなされました。

 今後も隣接士業の先生方と定期的に勉強会を開催し,研鑽を積むことで,より質の高いリーガルサービスが提供できるよう精進していきたいと思います。

(弁護士 井原 淳)

1

ページ上部へ