医療事件 - つきのみや法律事務所|埼玉県さいたま市の弁護士

つきのみや法律事務所|埼玉県さいたま市の弁護士

医療事件

医療過誤とは

医療過誤とは、いわゆる医療行為において医師・病院側に過失があり、法的責任が生ずると見られる場合をいいます(医学も完璧ではありませんので、絶対安全ということは保障されていません。医師の過失が介在しない事故と区別する必要があります。)。 医療過誤が起きた場合、医師、看護師には民事(損害賠償)・刑事(業務上過失致死傷)・行政上(業務停止等)の責任が生ずる可能性があります。

医療事件で問題となるのは、上記責任のうち、民事上の損害賠償になります。

医療訴訟(損害賠償請求)の困難性

医療訴訟は、①医師の過失の立証責任を患者側が負っていること(医学の領域は弁護士でも素人です)、②診療記録等の証拠が医療側に偏在していること、③患者側の立場で協力してくれる医師の確保が困難であるという特徴があり、これが医療訴訟を難しくしている大きな要因となっています。

医療訴訟の流れ

医療訴訟の手続きは、法律相談を経て、カルテ等の診療記録の入手から始まります。 医療機関側でカルテ等を秘匿・改ざんされる恐れがある場合には、証拠保全という裁判上の手続きをとることもあります。診療記録を入手した後は、当該記録を検討し、責任追及の可否を検討します。この段階で協力医の意見を仰ぐことが一般です。 責任追及が可能な場合には、医療機関側に説明を求めたり、法的責任についての交渉を行ったりします。

それでも、解決しない場合には、裁判へと進んでいくことになります。裁判手続きでは、それぞれの主張と証拠を提出し合い、証人調べ、鑑定等(専門家の意見を聞く手続き)を経て、和解若しくは判決を受けることになります。

医療事件のご相談

このように、医療事件は、その性質上、難しさを内在している類型の事件です。そのため、解決に相当の時間を要する場合も少なくありません。医療に関して紛争が生じた、若しくは生じそうだと考えた際には、速やかに弁護士に相談し、迅速且つ慎重な対応をとられることをお勧めします。医療事件につきましても、遠慮なく当事務所にご相談下さい。

当事務所では、埼玉医療問題弁護団に所属する弁護士が相談を担当致します。相談いただいた内容によっては、同弁護団を通じて(この場合、同弁護団の法律相談を受けていただくことになります。)、経験豊富な弁護士と事件進行を行いつつ協力医の紹介を受ける事も可能です。


ページ上部へ